大正琴、四十からの手習い♪

大正琴、四十過ぎて始めました♪気軽なようで奥深い楽器を気長に極めていきます♪

大正琴のデメリット?② 「ド」と「ド♯」の間の音がない

大正琴だけでなく鍵盤楽器は全てそうですが^^;
大正琴は弦を使っているのに鍵盤があるので、バイオリンやギターのように、ドからド♯まで音をスライドさせながら移動させることはできません・・・

そのかわり、ピアノなどと同じグリッサンド奏法(鍵盤の上を指で滑らして移動する)は、上手にやれば使えます^ ^

またこれもピアノと似たような、引っ掛け奏法?(ピアノであれば五線譜の音符でちっちゃくちょろんとかいてあるやつなんですが・・・)も、ちょっとしたコツでいいニュアンスの音になって使えます!

音は単純だけどいろいろな奏法もできる、意外な楽器なのです♪

大正琴のデメリット?① 単音しか出ない楽器

色々書いてきたので書くことが思いつかず(・・;)また久々です・・・

楽器には2種類あると私は思っていて、ひとつは2音以上の複音が同時に出せるもの、もうひとつは1音しかだせないもの、です。

前者はピアノなどの鍵盤楽器やギター・バイオリンなどの弦楽器、マリンバなんかも・・・。これらは上達すれば1つの楽器で伴奏もできて聞きごたえもありますよね^ ^

後者はサックスやトランペットなどの管楽器が代表的で、音域も限られるためブラスバンドや他の楽器と一緒にやることで楽曲を完成することが多いです。

大正琴は後者にあたります。(改造して複数音にする人もいますが例外で^^;)

1音でもサックスやトランペットならソロでも音に迫力もありますが、大正琴は優しい音色のため、大きな音を出したとしてもちょっとさみしい印象に・・・

そうなるとアンサンブルや二重奏などにするため、複数台のお琴や楽器が必要になる=複数人必要になるのです・・・
1人ではちょっと完成しきれないのがデメリットです。

私は一緒に演奏できる仲間を増やすため、大正琴を知ってもらいたいなぁとこのブログをはじめました。

1音だけのデメリットも、仲間みんなで試行錯誤しながら完成させていける楽しさはメリットに変えられますね♪

大正琴、選曲ってけっこう難しい

ひさびさの更新です!
これまでも何度も書いていますが、大正琴は演歌は童謡だけというイメージと違ってポップスに近い歌謡曲から洋楽、ジブリ、クラシックと幅広いジャンルの演奏ができます^ ^

できるのですが・・・

自分のレベルと、曲の難易度と、弾きたい曲かどうかと、映える曲か、ということを考えて選曲するのはけっこう難しいです。。。

今持っている教室での曲選びも、なかなか生徒さんの弾きたいものと難易度が一致せず、練習にもってこいな曲はあまり気が進まなかったりして>_<

私の経験上、好みではなかったけれどめっちゃ楽しい!っていう曲に出会える楽しみもたくさんあるのですがそれを伝えるのもまた難しく>_<

楽しみを広げるために、少し気乗りしないことにも乗ってみる、というのも大切ですね^ ^

米津玄師さんのLemon、大正琴でいける?これから検証♡

最近、カルチャーセンターの教室に講師として行っております!

この間、アラ還の生徒さんが
「南キャンの山ちゃんが大正琴の今の課題曲が米津玄師の『Lemon』だ、と言ってたからダンナに弾いたら?って言われてる(笑)」と・・・

山ちゃんが以前に『世界にひとつだけの花』を弾けるようになったという記事はみたけど、やっぱりそんな時代かなぁ。

ウチにそんな譜面はないけど、作ってもらっても・・・年齢的にその生徒さんと私しか買わないよ〜

たくさんの方にしってほしいけど、年齢幅が大きくなってきたと感じる最近です。
くやしいから譜面なしでもなんとなく風に弾いてやろうかしら。なんて思ってます(笑)

その前に、最近はお琴より録音用の、カンタンバッキングピアノを猛練習でおこもり中。

「返し弾き」って何?必要なの?どう違うの?

「返し弾き」って何?必要なの?どう違うの?

返し弾きとは、弦の向こう側から手前に戻しながら弾くことです^ ^(普通に手前から弦の向こう側へ弾くのは「向こう弾き」)

返し弾きしない流派もあるそうですし、
どれを返し弾きするのかは流派によったり曲によったりして違う部分があるのですが・・・

私のところでは、テンポが早い曲や手の動きが早くなるところは返し弾きを使います^^;
見た目にも美しいです^ ^

また、向こう弾きは太い弦(低い音)からピックを当てているのに対して、返し弾きは細い弦(高い音)からピックをあてるので、優しい音になります。
それを利用してメリハリをつけたいところや、裏拍の音を返し弾きにすることが多いです^ ^

慣れないうちは「ココが返し弾き!」とそればかりに意識がいったり難しく感じたりすることもありますが^^;
慣れてくると体が覚えてラクに美しく弾けます♪

大正琴仲間のリアルな声〜もっと早く始めたやってたらよかった!〜

最近は60代〜70代から始められる方が多いです。
そんな方々のうち、私のまわりでは10年ほど続いてる方が多いのですが、ほとんどの方は同じことを言います。

「もっと早くやってたらよかった!もっと上達早かったのに〜!」
「もっと前にやろうと思ったけど、周りがあれは年寄りがやるもんだよなんて言うから〜(涙)」

それにたいして、昭和50〜60年代、大正琴が流行りに流行った頃に始めた方は40代や50歳ごろから始めた方が多く、
「もう歳で弾けなくなってきたわ〜」なんて言いながらとても上手に演奏されます^ ^

何歳から始めても遅くない!が大正琴のウリのひとつですが、やはり早く始めたほうが満足度は高いようです^ ^

もしやってみたいな〜と少しでも思われた方は、一年でも早く試してみてくださいね!

大正琴仲間のリアルな声〜もっと早くやってたらよかぐった!〜

最近は60代〜70代から始められる方が多いです。
そんな方々のうち、私のまわりでは10年ほど続いてる方が多いのですが、ほとんどの方は同じことを言います。

「もっと早くやってたらよかった!もっと上達早かったのに〜!」
「もっと前にやろうと思ったけど、周りがあれは年寄りがやるもんだよなんて言うから〜(涙)」

それにたいして、昭和50〜60年代、大正琴が流行りに流行った頃に始めた方は40代や50歳ごろから始めた方が多く、
「もう歳で弾けなくなってきたわ〜」なんて言いながらとても上手に演奏されます^ ^

何歳から始めても遅くない!が大正琴のウリのひとつですが、やはり早く始めたほうが満足度は高いようです^ ^

もしやってみたいな〜と少しでも思われた方は、一年でも早く試してみてくださいね!