大正琴、四十からの手習い♪

大正琴、四十過ぎて始めました♪気軽なようで奥深い楽器を気長に極めていきます♪

若いからできる?いやめっちゃ練習はしてます〜

無事に名取も合格をいただけて、今は目前にせまった発表会にむけて精度を高めれるようお稽古です。

最近は発表会の練習などで、ふだんのグループと違うお母さまがたやお姉さまがたにお会いする機会が多いです。
ダントツ若いので(世間ではそうでもないからちょっと嬉しいけど^ ^)よく「若いから覚えもはやいわねぇ^ ^」「若いからあまり練習しなくてもすぐできるでしょ^ ^」って言われます。

確かに何でも年齢は若ければ若いほど覚えも動きもはやいです・・・
でもでも!やっぱりそんなすぐカンタンにできません〜!!

新入りの私がみんなに迷惑かけたらイヤだなぁ、と思って、陰では日々ヒマ人なのをいいことに猛練習してます( ; ; )
結果上達しているのならそれでいいんですが^^;

たまに大きな声で「めっちゃ練習してますっ」と言いたくなるのでした(笑)

名取試験♪おわりました!!

先日、ようやく大正琴の名取の試験を受けてきました!

しんと静まった室内で先生を目の前にして、おまけに同じ受講者が聞いている中で(姿は見えない)慣れない邦楽をひとり演奏するのは恐ろしい緊張感((((;゚Д゚)))))))

過去にヤ◯ハのグレード試験を受けた時は震えと汗が止まらなかったのを覚えていますが、やっぱり同じでした^^;

あとで聞くと、受講者みんな同じことを言っていたので、なんでも実技試験ってそんなもんかもしれないですね〜。

師範の資格をとっている方はそれを3回も経験しているのだと思うともうそれだけで尊敬です!!

ちなみにこの時、準師の試験も一緒にあって受講者の演奏を聴くことができたのですが、やっぱり名取とは違う〜〜。
もちろん準師でも間違えたりはしますが^^;弾く度胸がすごくついた演奏に聞こえました^ ^

練習も本番も、数こなすって大事です^ ^

弾けば弾くほど弾けなくなる?

早々にさくらも終わってしまい、あとは新緑を待つばかり・・・
f:id:nekoyuri:20180406142419j:plain

新緑のころに発表会があるのですが、今月はおけいこの日数がちょっと少なくて、お家でもくもくと自主練中です。

楽器はどんなものでもとにかく練習しないと上手くならない訳なんですが・・・
練習しすぎると、ある日突然弾けていたフレーズがおかしな指使いになってしまって、逆に弾けなくなってしまったりします( ; ; )

私だけでなくうちのおけいこのお母さまがたもみんな言うのです(@_@)!

プロのピアニストやバイオリニストさんは毎日5時間とか8時間とか練習するらしいのですがそうならないんでしょうか^^;

それともそこまでやればそんなスランプも越えてしまうんでしょうか^^;

そんなことを考えながらちまちま今日も練習です。

多流派の演奏会に行ってみました♪

バタバタしていたらもう3月終わりそうです( ; ; )
そんな中、大正琴の演奏会にプチ参加してきました♪
私のあがり症はまだまだ重症のようです^^;

今回は多流派が出演する演奏会で、せっかくなので全グループ見てきました^ ^
他県の遠いところから来ていたグループもたくさんです。

いちばんお客さんの気持ちを持っていったのは、ノリノリパフォーマンスが圧巻の学生男子!!(女子もメンバーにいますが)。

学生!?しかも男子!?と大正琴のイメージに違和感ありありな彼らですが、それだけではなかった!!

飛んだり跳ねたり、ポーズ決めたり、演奏してる?ってくらいすごかったです。(※ちゃんと演奏してます!!)

また違うグループでは、先生のリサイタルみたいになっていて、先生はドヤ顔で弾いていますが生徒さんに覇気がなく、観ていてうーん( ; ; )、と考えてしまうところもあったり・・・

機材トラブルでステージで怒鳴ってた先生もいたな・・・((((;゚Д゚)))))))
もうお客は笑うしかなかった^^;(笑)

もちろんほとんどのグループはチームワークよく素敵な演奏をたくさん聴かせて頂けましたよ^^;

流派によっていろいろやり方や決めごとは違うのでしょうが、上手かどうかなだけでなく、観てくれる人がよかったなぁと思うような演奏や立ち振る舞いがやっぱりイイですね♪

和のお稽古の世界を垣間見る・・・名取ってなに?

ちょっと調べものをしようとネットしていたのに、気づいたら全然違うものを読んでました^^;

三味線のおはなしでした。

ピアノの◯級、のように、和のお稽古にも名取や師範などの「位」があります。
でもいまいちレベル感が掴めなかったのですが・・・

三味線では、ざっくり言うと
名取→その世界の人として師匠から認められた証拠。その専門世界のまだ入り口。
師範→自分が「師」として弟子をとっても良いと師匠から認められる。

そのため、師となる人(演奏や人柄)を自分でしっかり選ぶのもまた大切だと。

三味線だけでなく何にでも言えることなんでしょうね^ ^
和のお稽古は特に縦社会が厳しいのでなおさらかもしれません・・・

私は大正琴なので三味線ほどの難しさと厳しさはありませんが、今年は「入り口」を目標にがんばってるわけでした^^;

まだ入り口かぁ!!と思うと気が遠くなりそうですが、まずは入らないと何も始まらないわけで・・・
入ったらまた何か、良くも悪くも今とは違う世界が待ってるのでしょうが、ワクワクびくびくしながらまずは目標達成にペースあげていきます^ ^

大正琴おもしろ奏法〜ピッチカート風〜

ここんとこ寒くて寒くて、珍しく雪もたくさん舞っているのを見ました。
牡丹の花にかけた雪よけに、うっすら積もっている、の絵^ ^↓
f:id:nekoyuri:20180131203823j:plain


大正琴でいま練習している曲のひとつに、面白い演奏法をしているものがあります^ ^

曲の一部分を、ピックではなく指ではじいて演奏します♪
はじきかたもいろいろあって使い分けています。
バイオリンでいうところのピッチカートかな。(あんないい音はでませんが^^;)
小さな音しか鳴らないし電気琴のアルトしかできませんが、似合う曲にあわせてやってます^ ^

ピックを持ったり置いたり忙しいのですが、見ててもやってみても面白い^ ^

他にもまだ変わった奏法があるらしいのですが、私はまだ習っていないので、これからまた楽しみです♪

2018年、大正琴演奏の目標♪

年明けてすっかり時間が経ってしまいました^^;
読んでくださっている方がいらっしゃれば、今年も引き続き読んでくださると嬉しいですm(__)m

f:id:nekoyuri:20180110185912j:plain

今年は大正琴も新しいステージにトライします^ ^
(昨年末からスタートしてはいるんですが)
通う教室も3つに増え、曲も全部違うジャンル。
謡曲、クラシック、邦楽etc・・・違いすぎて年始から頭の中はパンク寸前ですが^^;

ひとまずのゴールは春の演奏会。
心新たに今年もがんばっていこうと思います!!